ホタルの里でホタル観賞(台原森林公園)

台原 ホタル

旭ヶ丘駅2011年6月末日。地下鉄旭ヶ丘駅のお隣り、台原森林公園にやってきました。

今回の目的は、そう、ホタルです。


案内ののぼり以前記事でも触れましたが、ここ台原森林公園ではこの時期ホタルを観賞する事ができます。もうすぐ20時。

以前調べた時に6月下旬から7月上旬にかけて、20時前後くらいに観賞できるとあったので、ちょうど良い頃合いでしょうか。のぼりには 『6月20日〜6月30日 ホタルを見る会』 とあります。このくらいの期間が見頃なんですね。


真っ暗な遊歩道20時ともなると辺りは真っ暗です。それでもホタル観賞に来た人で、けっこう賑わっています。


街灯街灯を頼りに歩きますが、観賞場所に近付くにつれて暗くなっていきます。目が慣れてないので足下や近くの人も見えないくらいに真っ暗です。

ここまで暗くするのは、ホタルが光を嫌がるという理由があります。安全のため懐中電灯などを使ってる人もいましたが、観賞スポットまで来ると消すように促されます。しかし次第に目が慣れてくるので、あまり心配はないでしょう。


キミドリの光さあ到着です。

あちこちでキミドリ色の光が舞っていますね〜。


多くのホタル大群で乱舞とまではいきませんが、多くのホタルが確認できます。


絶景5分もすればすっかり目も慣れて、周りの人も確認できるくらいになりました。

んー、絶景なり。


幻想的な情景幻想的な情景にしばし心奪われます。すっかり見入ってしまいました。


寄り添う二人家族と、友達と、恋人と。

様々な年代の人たちがこの景色に酔いしれておりました。


のぼり絶滅したホタルを復活させようという取り組みがこのように実を結び、風物詩として多くの人を楽しませています。

素晴らしいですね。感謝と尊敬の念を持って、この場をあとにしました。