定義如来 西方寺

定義山入り口

市民からは『定義山』と親しまれ多くの観光客が訪れる。平重盛公(内大臣、小松殿)の重臣だった肥後守平貞能公は平重盛公より託された阿弥陀如来の御霊像をまもり、平家が壇ノ浦の戦いに敗れた後も源氏の追討をのがれ、世をはばかり名を「定義」と改めこの地に隠れた。これがこの地で阿弥陀如来が「定義如来」と呼ばれる由縁である。

住  所仙台市青葉区大倉字上下1
電話番号022-393-2011
ホームページ定義如来西方寺
公共アクセス【バス】仙台駅~定義
・仙台駅西バスターミナル10番より定義行き乗車
・終点定義下車(所要時間約80分)

【JR】仙台駅~
・仙山線にて愛子駅下車
・愛子駅前バス停より、「定義行」バスに乗車。
・終点定義下車
山形方面~
・JR仙山線、陸前白沢駅または愛子駅下車。
・愛子駅前または、陸前白沢駅前より「定義行」バスに乗車。
・終点定義下車  

交通アクセス(自動車)【東北自動車道】・仙台宮城インター→仙台西道路→熊ヶ根橋交差点を右折→大倉ダム→定義 所要時間約45分
【仙台駅経由】・仙台駅前→仙台西道路→熊ヶ根橋交差点を右折→大倉ダム→定義 所要時間約60分
駐車場無料
地  図
仙台市青葉区大倉字上下1

三角油揚げの定義山(定義如来 西方寺)も合せてお読み下さい

その他の画像


定義山五重塔五重塔。


境内の様子境内の様子


定義山山門山門の様子。


定義山三角あぶらげ有名な三角あぶらげ。